紙のような髪がいい?神様のような髪がいい?

御手手が乾燥時代に入り、いわゆるカサカサになってきています。

かゆいし、そのまま体もかゆくなっていくのです。頭皮もいつかは乾燥して砂漠になってしまい、砂漠ではありえない太陽の反射が自ら表現できる猛者になるかもしれません。そういう心粋があればどんな世界でも生きていけるのでは?ないかと思うのです。

砂漠になったら何を植えようかなと仙人の境地に達していきます。砂漠の頭にお花を植えても、それはかわいいけど、日常生活では支障でますよね。どこかで見た神父さんのような感じを出すためにA4用紙を丸めて、またまた砂漠に突き刺して伸ばして、ヒッピーな感じを出すのもいいですね。

でもこれも却下ですね。お巡りさんに「もしもし、ちょっと!」と声をかけられるから。。でも最近のお巡りさんはそんなところまで介入しませんよね。最近道に迷い、お巡りさんに尋ねたら、「スマホで調べてよ!」と言われ、日本は変わってしまった、ガーン~という切ない思い出が蘇ってきます。

話を戻し、頭を砂漠にしない方法を考えないといけないと思い始めました。そうだといくことで自分では考えつかないので瞑想して神様に聞いてみようと思ったわけです。が失敗でした、思いっきり迷走状態でした。髪の話は人類の永遠の課題かもしれませんね。