繰り返しできるニキビ

中学生の頃にニキビ体質になってから、今に至るまで繰り返しニキビができるようになりました。化粧水や乳液などスキンケアの商品を変えては自分に合うものを探り、時には自分の肌に合わずニキビが悪化することもありました。大人になって化粧をするようになってからは、化粧品自体も肌に悪影響のようで、肌荒れが進みました。肌荒れを隠すためにより厚い化粧をし、より肌が荒れ…と悪循環でした。

http://www.casadepuroscigars.com/

また、ニキビが気になってしまうのでダメと分かりつつもついつい自分で潰してしまうことも癖になってしまいます。次第に市販のニキビ治療薬などではあまり効果がないも考え、皮膚科に通うようになり、抗生物質とピーリング用の塗り薬をもらうようになりました。ピーリング用の塗り薬は表面の皮膚のターンオーバーを促すもので、何度かめくれた後には肌が綺麗になりましたが、途中段階では皮膚がボロボロになってしまうため、見栄えがとても悪く、生活に支障をきたしてしまいました。

そのためこれも長く続来ませんでした。結局は自分に合うスキンケア商品を使う、帰ってきたら化粧をすぐにおとす、クレンジングを丁寧に行うなど様々悪化を防ぐよう心掛けるようになりましたが、未だにニキビが全くない日はありません。