ワキ汗の量がすごい!

 私は、ワキ汗がかなり多いです。http://itzminproject.com/

もともと新陳代謝はいいほうですが、全身の汗は人並みなのですが、ワキの汗だけは昔から異常に多いのです。

感じ始めたのは、小学生の時。母親に、ワキガのにおいがする、と言われたのがきっかけでした。そこから、塗るタイプの制汗剤を使用しています。

中学校になり、制服の白のワイシャツがワキ汗が多すぎることにより黄色くなることがほとんどで、いつも買い替えていました。

大人になっても、それは変わらず。寒くなければワキは常に濡れている状態で、半そでを着ていると汗が腕に垂れてくることも!

制汗剤を使うと、そこまでワキガのにおいはしないのですが、とにかく量に困っていました。

 そこで私が何十年工夫していることは、やはり制汗剤を使用することです。スプレータイプもいいのですが、やはり直塗りできるスティックタイプが一番効き目があると思います。それと、石鹸の香りがするものなどいろいろあるとは思いますが、私の個人的な意見ですが無香料の方がいいと思います。汗のにおいといい香りが混ざると、妙なにおいがいしますから…。あとは、ワキ汗パッドなども試してみましたが、ティシャツなどだとすぐに周りにきづかれてしまいそうな形をしているので、あまりオススメしません。あとは、やはり涼しい恰好をすることです。ワキがしまっている状態だと汗もかきやすいので、ワキは開放的になるような衣類を選びます。ぴったりした服だと服とワキがくっついてて特に汗をかきやすいので、余裕のあるサイズのものを着ることが最適だと思います。

匂いケア

匂いに関しては体臭や口臭など、気になるところが多々あります。体臭の場合は、食事やストレスなんかが深く関係しているのであらゆる面でのケアが必要です。健康面や匂いを考えると、脂っこいものやジャンクフード、砂糖がたっぷりのお菓子なんかは避けざるを得ません。

http://www.etrackmedia.com/

ですが、かといって過度なダイエットのしすぎも実は体臭が出ると言われています。食事は、バランスよく、腹八分でいつもやめること。多少の空腹期間が長くなってもそれはそれで、脂肪が燃焼されて、集中力もアップするので、いいスパイスになります。

ストレスケアに関しても、人はストレスを強く感じていると嫌な汗をかいたりします。その汗の中にイヤな匂いを発する物質が含まれるようです。こうしたことがないように、自分の感情を上手くコントロールすることは必要不可欠になります。

ついカッとなってしまうときは冷たい冷水で、顔を冷やすことやリラックス出来る好きな香りを身につけたり、漂わせたりします。自然の中を散歩したり動物と触れ合うことも効果的です。そうした日々のケアが体臭や口臭にもら繋がってくるので、意識して行うべきだと感じます。あとは、身の回りを常に清潔に保つことが大切です。