くせ毛から解放されるまで!~

 高温多湿でじめじめしている夏のこの時期。髪がうねる、まとまらないなどの悩みを抱える人も多いのではないでしょうか。

KUROHA クロハシャンプーの使用感や口コミを徹底検証!販売店での市販状況などもレポートします!

そこで今回は、私がくせ毛から解放されるまでの実体験をお話ししたいと思います。

そもそも、どの程度のくせ毛だったのかということですが、私の場合、髪が太く固めなため、一度癖がつくとなかなかもとに戻らないという厄介なものでした。そのため、毎朝ドライヤーをガーガーあてて、それでもまとまらないとヘアアイロンで伸ばして…。といった具合でした(泣)。それでも、髪に余計な負担をかけたくないという思いから、ストレートパーマなどの薬剤は使わないようにしていました。

 しかし、就職のこともあり、「いかに扱いやすく清潔感を保つか」。それが一番重要であることにようやくたどり着き、ついに行動に移すことに。

私が試したのはナチュラルコスメストレートと縮毛矯正の2つ。ナチュラルコスメストレートとは、一般的にいわれるストレートパーマと理解していただければお分かりいただけると思います。縮毛矯正ほど強い薬剤ではないため、ある程度はうねりを抑えることができますが、くせ毛の程度が強すぎたり、剛毛な場合にはあまりお勧めできないかな…。といった印象でした。とはいえ、メリットも存在し、ありのままの髪質を生かしたい、髪に余計な負担をかけたくないという人には非常にお勧めできるアイテムだと思います。また、「くせ毛ではないけど、やっぱりきれいなストレートヘアに憧れがある」と思っている方も、一度試してみるのもよいかもしれません。

 そして次に試したのが縮毛矯正。先ほどのナチュラルコスメストレートと比較すると薬剤も強く、髪に与えるダメージは大きいため、トリートメントで髪の保湿をしてあげるなど、アフターケアが必要ですが、悩みの元凶だったくせ毛問題は即解決。ちなみにお値段は、いずれも消費税込みで1万円はくだりませんが、それでもナチュラルコスメストレートは半年に1回、縮毛矯正は1年に1回程度と、経済面を考えれば圧倒的に縮毛矯正がおすすめです。しかし、カラーリングをした髪は1週間で色落ちしやすくいというデメリットもあります。

 これらの技術は、美容師の技術によっても仕上がりが変化するもの事実です。髪の悩みは人それぞれ。この記事で、少しでも悩みが解消されれば幸いです。

もっと楽に髪の毛を捨てる方法

もっとラクに髪の毛を捨てたい。評判どおり?KUROHA(クロハ)シャンプーの使用感や使ってみた口コミ・感想などご紹介!

今日も友人と長電話をしていると、「ちょっと悩みがあるのよね」と、なにやら困っていそうな友人です。「最近、髪の毛が気になって育毛剤を使ってみたら髪の毛が増えたみたいでよかったけど、お風呂の時、髪の毛が多く抜けちゃっていつも掃除が大変なの。何かいい方法、ないかしら?」と悩んでいました。

「髪の毛捨てる問題ね、私も経験ある」と、友人に共感する私。髪をロングにしている私は、いつもしっかりと髪の毛を洗っています。そうすると必ず髪の毛が抜けて、排水口の髪の毛を捨てる時に驚いてしまいます。

排水口に手は入れたくないもの。紙の上に髪が集まり、そのまま捨てられる使い捨ての商品がありますが、もっと何かないかと探してみると、髪の毛が自然に丸まってそのまま捨てられて何度も使えるという商品がありました。「髪の毛クルクルポイ」というこの商品、排水口にセットして使うもので、渦巻きの力によってクルクルと髪の毛が丸まって出っ張っている取手を持ってそのままポイッと捨てられます。これなら手を汚す事もないですね。

価格が千円を切っているので、おサイフにも優しいですね。

ただ、問題があります。すべての排水口に使える訳ではないそうで、口の直径が9.5センチから12.5センチなら使用可能ですが、金属製やパイプが貫通している排水口のタイプには使えないそうです。条件はありますが、友人に勧めてみようと思います。

意外と気をつけないといけないのが整髪料

髪の毛を整えるということなのですが色々な整髪料を使うということになるわけです。実はここになかなか怖いことが含まれていることがありますので注意です。つまりは、それによって髪の毛に負担がかかるということがあるわけです。

悪い口コミは本当?ノ・アルフレの感想を辛口評価でお届けします!

それがとてもよくないことではありますから、この場合、少しでも髪の毛に対して良い成分も入っているとかあんまり髪の毛に負担がかからないような整髪料を選ぶということにしましょう。これだけでもだいぶ違いが出てくることになりのます。

見た目、艶がでるような感じになる整髪料とかもあるのですが、そうしたものは意外と成分的に髪の毛に悪いということがあったりします。先にはかなりそういうところに入るされた整髪料なども増えていますがやはり髪の毛に関して毎日つけるものということになりますので成分に関してはしっかりと知っておき、配慮できるようになっておいたほうがよいでしょう。髪の毛というのは色々なダメージを受けるもの、行為ということがあります。それを避けることが最終的には何と言っても髪の毛にとって良いことになるので覚えておきましょう。髪の毛にダメージになること、負担になることが整髪料でもあるので注意です。

梅雨時期に困った髪のうねり

梅雨時期になると、どうしても髪の毛がひろがったり、うねったり。時間をかけたスタイリングも崩れがちになってガッカリしたことはありませんか?

http://59kai.main.jp/

そんな時は、ぜひこの方法を試してみて下さい。シャンプーをした後にコンディショナーをつける方が多いと思いますが、まず毛先から、コンディショナーをもみこむ様にしてつけます。それからは根もと以外の髪の毛全体につけていきましょう。しばらく置いてからよく流しましょう。

乾かす時も重要です。濡れた髪を放置せず、すぐに乾かします。毛先に少量のオイルを塗ってからドライヤーで乾かします。髪のべたつきが気になる方は、オイルではなくブロー専用のスプレーをして下さい。髪がほぼ乾いたら、最後はドライヤーのスイッチを温風から冷風に切り替え、髪全体に冷風をあてながら、生乾きにならないように最後まで乾かしましょう。

髪の毛の広がりやうねりは、髪の生え方や髪質もありますが、髪の痛み、キューティクルに問題があります。毛先は傷みやすいので、特に意識してケアして下さい。また、ドライヤーの冷風をあてることで、髪の毛を引き締める効果があります。

簡単な方法なので、ぜひ試してみて下さい。梅雨時期でもサラサラの髪を目指してみませんか。

梅雨の時期が憂鬱なくせ毛

梅雨が近づくにつれ、今年もいよいよこの時期がやってきたかと

憂鬱な気分にとらわれる方も多いのではないでしょうか。http://www.shemakeshats.com/
かくいう私もその一人で、幼少期からくせ毛に悩まされてきました。

幼少期はスポーツをやっていた関係で坊主に近い髪形をしていたのが功を奏し

気にしてはいませんでした。

が、髪を伸ばし始めるにつれ絡まりだす髪に

「これって結構欠点なのでは」と感じ始めました。

悩み始めてからはネットで対策を調べたり、友人に相談し何とか対策を取ろうとしましたがうまくいかず。。。

(短い髪にトリートメントつけたり、朝起きたら髪をずぶねれにして、乾かすことから始めたりetc…)

長らく自分の悩みの種となっていました。

流石に今ではこの髪質とも折り合いをつけ、

1.基本的に髪を短くする・

2.あっためたタオルで抑え、ワックスで固める

ことで、何とか見れるレベルまで落ち着けることが出来ています。

また、美容室に行った際に悩みを相談すると

「髪の長さとセッティングによってはパーマを生かすこともできる」

という話も聞き、今ではそんなに悩む必要はないのかなと考えています。

まあ、それでも梅雨の湿度が高い時期は頭が爆発しやすくなるので

やっぱり憂鬱ではありますね…

髪の毛のパサツキについて

私の髪の毛は、パサツキがあります。髪の毛は、視界に入ってくるものなので、自然と見られていることが多いと思います。だからこそ、髪の毛が、綺麗だったり、サラサラだったりすることで、見た目の印象もとても変わってくると思います。私自身も髪の毛が綺麗な人を見かけるとツルツルだなとか、何のシャンプー、リンス使ってるのかなと思うことがあります。

ノアルフレシャンプーの口コミ感想から解約方法まで完全解説!

それがもともとの毛の質なのか、髪の毛に力を入れて、色々と試されているのかもわかりません。私はもともとがパサついているので、色々と試さないとわからないなと思うのですが、その前にお金を意識してしまい、安いものばっかり使っています。安いものが悪いとは思いませんが、気持ちの問題で、高い方がいいものなのではないかと思ってしまいます。気持ちの問題で髪の毛の質が変わるのかは知りませんが、少しは影響するのかなと考えています。

でも私は、安いものでもいいものがあると思います。安くても使い方によっては、保湿力が上がったり、コーティングしやすくなったりと色々と方法は、あるみたいです。さまざまな方法を試して、少しずつ自分の髪の毛と向き合って、自分に合ったものを探していきたいと思います。

27年間くせ毛の私が見つけた6つのくせ毛テク

生まれつきくせ毛の私はずっと髪の毛と格闘してきました。くるっくるの天パで艶なし、潤いなし、まとまりなしで子供のころは特にひどかったです。小学生のころから縮毛矯正をかけ続けましたが、伸びてきた根本と残ってる矯正部分の差がガタガタしておかしいし、ショートにしたときにはもう大変で!うねうねぴーんという感じでした。

プレミオール21日間スターターセットは評判以上!私の口コミ体験談や効果などをご報告!

また、毎日のヘアアイロン、市販のシャンプー、トリートメント、オイルなどなどを駆使してもうまくいかず、美容師さんには困られたりもしました(笑)

美容師さんによると、くせ毛や天パは細く、柔らかく、乾燥しているのだそう!それでこってりしっとりのオイルを塗りこんでこれでいいだろう!と思っていたのですが、そうすると今度はもったりして固まってしまって、さらに指通りも悪い、、。さらさらになりたいのにい!と、髪の悩みは尽きません。

そして私なりに考えた方法は、、

1.矯正はやめて、くせ毛をいかした髪型にする

2.前髪だけは矯正をかける

3.しっとり系ではなくさらさら系のシャンプー、トリートメント、オイルを試す!

4.ショートにはしない。

5.可愛いヘアアクセサリーで誤魔化す。これは、前髪の矯正がとれてきた時にも重宝します。

6.前髪はぱっつんではなく、横に流す。

この6つが27年天パの私がやっと辿り着いたくせ毛テクです!

致命傷ともいえよう髪の毛

私の髪は致命的です。妊娠から髪が変わりました。

もともとはサラサラのストレートだったのが、妊娠、出産を得た後、抜け毛に悩まされました。

その後は髪の毛の痛み、抜け毛、フケ、白髪など問題点をあげたらキリがないです。シャンプーの問題かと思いいろいろ試してみたけど無理でした。余計にひどくなったこともあります。カラーもしているため、毛先にいくにつれ、パサパサしており、カラーが抜けやすく入りにくいという特徴があります。あとアホ毛がたくさん立っている為、そこが余計に傷んでいて、ウネウネしています。

本当はまたストパーなり矯正したいけど

お金の問題もあり出来ませんでした。

いろいろ髪の毛に問題があるため、ヘッドスパが興味あります。いつか行けたらいいなと考えています。気持ちいいとも聞くため、近くに店舗があったら行ったみたいです。

あとカラーをするときにいつも色がすぐ落ちて、ぬけてしまうため、いつもグラデーションカラーになっています。

くらくしてもまたいじめられるのでいやですら。

今はお金でいけるけど、近くにそゆ店舗があってほしいと思いました。カラーやヘッドスパで気分変えたいです。

年代がかわるため、しっかり行きとかなきゃいけないです。

紙のような髪がいい?神様のような髪がいい?

御手手が乾燥時代に入り、いわゆるカサカサになってきています。

かゆいし、そのまま体もかゆくなっていくのです。頭皮もいつかは乾燥して砂漠になってしまい、砂漠ではありえない太陽の反射が自ら表現できる猛者になるかもしれません。そういう心粋があればどんな世界でも生きていけるのでは?ないかと思うのです。

砂漠になったら何を植えようかなと仙人の境地に達していきます。砂漠の頭にお花を植えても、それはかわいいけど、日常生活では支障でますよね。どこかで見た神父さんのような感じを出すためにA4用紙を丸めて、またまた砂漠に突き刺して伸ばして、ヒッピーな感じを出すのもいいですね。

でもこれも却下ですね。お巡りさんに「もしもし、ちょっと!」と声をかけられるから。。でも最近のお巡りさんはそんなところまで介入しませんよね。最近道に迷い、お巡りさんに尋ねたら、「スマホで調べてよ!」と言われ、日本は変わってしまった、ガーン~という切ない思い出が蘇ってきます。

話を戻し、頭を砂漠にしない方法を考えないといけないと思い始めました。そうだといくことで自分では考えつかないので瞑想して神様に聞いてみようと思ったわけです。が失敗でした、思いっきり迷走状態でした。髪の話は人類の永遠の課題かもしれませんね。

みんなが羨む直毛の私の悩み

私の髪の毛はみんなに「ストレートパーマかけてるの?」「サラサラで悩みなさそう」と言われる程の超直毛です。

併せて多毛+太い毛なのでコシもあり、美容院ではブローをしなくても髪表面に天使のわっかができるといっていただけるほどです。

「悩みなさそう」と言われる私の髪の毛ですが、そんなことはありません。悩み、全然あります。

まず私の髪の毛の詳細ですが超直毛+超多毛+太い毛で、現在は鎖骨より10センチほど長いセミロングです。

毛先7.8センチはセルフブリーチを10回以上、ラートリートメントでの染色を何度もしています。

毛先カラーを始めたのは夏ごろからでそれまでは、好みもあり明るい髪色ではなく半年に一度程度美容院で黒染めをしてもらっていました。

私の髪の毛の悩みその① ≪アレンジが効かない≫

直毛すぎるがゆえに、コテを使ってのアレンジや今はやりの外国人風のゆるふわな髪型のアレンジが効きません。

コテで巻こうと張り切ると一昔前のゴリゴリの巻髪みキャバ嬢の出来上がり。

それを防ごうとゆるっと巻くと駅へ向かう10分の道のりであら不思議。元通りのストレートに。

これにはずいぶん悩まされ実は2年ほど前まではボブを貫いていましたが、ヘアドネーションをしたいという思いから髪を伸ばすことに。

そしてこの悩みを解決とまではいきませんが改善してくれたのはヘアオイルでした。

きつめに巻いて少し多めのヘアオイルをつけて手櫛で梳かすと調子のいい日や湿度が高すぎない日は夜まで巻きを保つことができました。

同じ悩みの人はやってみてください。ちなみにヘアオイルはとろみが強くて重めのものがおすすめです。

悩みその② ≪色が抜けない+入らない≫

今でこそ白に近い金まで毛先の色を抜くことができましたが、セルフブリーチ10回くらいしました。髪の毛バッシバシです。

直毛=髪が強いというわけではないと思いますが私の髪はとにかく色が抜けにくくそして入りづらいので、美容院で脱色してからカラーしようと思うとひと月分の給料を注がねばならなくなりそうで怖くでやったことないです。通常のカラーも赤味系はまだマシですが青み系の色はちゃんと色が入ったこと一度もありません。ちなみにこの悩みは結局今でも解決せずセルフカラーの腕をどんどん上達させています。

全てではないですが私の髪の悩みを一部抜粋してご紹介しました。

同じお悩みの方の参考に少しでもなればうれしく思います。

髪にヘアカラーやパーマをすると…

髪にヘアカラーやパーマをするとアルカリ系の薬剤が頭皮や髪の内部に残ります。これにより髪が傷みやすくなったり抜け毛が増えます。その影響について簡単に紹介します。

 まず髪のハリやコシが無くなり弱々しくなります。ヘアカラーやパーマは薬剤を使用する為、残留アルカリによる髪へのダメージがあります。薬剤の影響を受けた髪はハリやコシが無くなり潤いも失います。なぜこのような状態になるかというと薬剤効果で髪のキューティクルから髪を構成するタンパク質が流出し栄養不足を起こして髪が弱々しくなるからです。

 次がキューティクルが閉じるまで髪はダメージを受け続けます。ヘアカラーやパーマをする時はキューティクルを開いて髪に薬剤を浸透・着色・縮毛させます。開いた髪にキューティクルが閉じればダメージも最小限に抑えられます。しかしキューティクルが閉じるにはヘアカラーは1か月、パーマは1週間程度かかると言われます。髪のキューティクルが閉じるまでは薬剤の影響を受け続ける為、髪に必要なたんぱく質も失われる恐れがあります。

 次が薬剤の刺激で頭皮が炎症を起こしてしまいます。ヘアカラーやパーマはの影響は、髪だけでなく刺激の強い薬剤が頭皮に触れることで皮膚が炎症を起こす場合が有ります。この様な頭皮環境は髪の生成にも影響する為、抜け毛のリスクが高まります。

以上がヘアカラーやパーマのやりすぎによる影響です。注意しましょう。