中学生からの若白髪

私は中学1年生の頃から若白髪が生え始めた。原因は多分、当時習っていたテニススクールの鬼コーチが原因だろう。テニスは週3で習い、公式戦に出場して戦績を残していたが、担当のコーチが怖すぎて毎回練習に行くのが億劫になっていた。

ボタニカルエアカラーフォームはマツキヨやドンキなどで購入できる?私の口コミを徹底的にレビュー!

そのころから少しずつ、若白髪が出始めた。最初の方は母に白髪の部分を切ってもらっていたが、だんだんと多くなってきたことにより、切るだけでは対処できなくなっていった。

そのため、市販の男性用の白髪染めを購入し、中学3年生の時に初めてヘアカラーをした。(白髪染め)生まれて初めての白髪染めで染めてみると、髪の毛の赤みがなくなり、不自然に真っ黒の髪の毛となってしまった。大体白髪染めを使うと約1か月で白髪の部分が茶色くなっていき、根本の部分で白髪が生えているのが分かるので、そのたびに染め直した。

その生活を高校生でも続けていたため、髪の毛が徐々に傷んでいき、美容室に行く度に「髪の毛が痛んでますね」と言われていた。大学生になり、お金が出来たので、白髪染めを美容院で行うようにした。するとバシバシだった髪の毛がサラサラになり、韓国風のマッシュヘアもできるようになった。結論、白髪染めは美容室で。

白髪の大きな原因ベスト3

・睡眠

白髪にも睡眠は重要になっていきます。

睡眠不足、また寝る時間が不規則だと、髪への栄養が充分に行き届かないのです。

これは本来、十分な睡眠を取れていた時に出る、成長ホルモンが大きく関係しています。

また、血流の流れも悪くなり、その影響で白髪が増えてしまうのです。

・食事

食事のバランスも、大事になってきます。

添加物が多い食品や偏った食事を続けると髪を健康に保つ栄養が髪にいかないのです。

髪を黒く、健康的に保ちたいのなら、健康的な食事を心がける事も大切です。

ボタニカルエアカラーフォーム

・ストレス

現代人が必ずあう、ストレスも白髪の原因になってしまいます。

何らかのストレスにあうと、一時的な衝撃が頭皮を傷づけてしまい、髪の色を保つ色素を作る頭皮の働きが鈍くなってしまうのです。

他にも、ストレスにあうと血行不良も起こし、頭皮に十分な栄養がしっかり届きません。

ストレスは心だけでは無く体にも影響があるのです。

・まとめ

白髪になる原因を今回は三つほどご紹介しましたが、当てはまる物は幾つかありましたでしょうか。

白髪にならないためには、若いうちから、規則正しい生活を心がけした方がいいでしょう。

ただ、年齢による白髪はおそらくどうしようもないので、あまり悩まない方がいいかと思われます。

それが原因でストレスを溜めると、白髪が進む可能性があるので、ありのままを受け止めましょう。