男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症(AGA)の主な原因物質はDHT(ジヒドロテストステロン)です。http://www.badeyanase.jp/

AGAで悩む男性も脱毛箇所の頭皮に通常より多くのDHTが確認されています。

DHTは5α還元酵素によってテストステロンが変換され生成されます。

DHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合し、成長期にある毛髪に対して退行期及び休止期に移行する信号が出され、退行期の細い毛髪が増えたり毛髪が長く太い毛に成長する前に抜けてしまうので、毛髪が薄くなってしまうのです。

髪に納豆の効果の真相は?

人を髪で判断すべきではないですし、縮毛で年中ボサッとした髪の私こそ、髪でじゃっじされては困ります。https://tips.jp/u/sayurin/a/newmo-hairgrowth

ですが、ヤハリ艶のある髪の特に女性は上品に見えると思いますし、見た目年齢も髪が少ないとどうしても老けて見えがちで、逆に少ないと老けて見えることはずっと感じてきたことであります。

私は縮毛なので髪の広がりに助けられ、一軒家そうとは見えないようすですが、実のところ、22歳ぐらいから年齢と共に毛髪の

量が徐々に減って来ていることに悩まされ続けています。

特にココ数年、大好きなシュシュで加味を1つに結わえることもママにできなくなったことに心を痛めています。

毛髪の量不足で、結わえたシュシュがずり落ちて来るようになったからです。

このまま毛髪量がドンドン減れば私の見た目の女子力もかすかなモノになってしまう日も近いのかと悲しみつつも、何とかならないものかと、抜け毛防止のアイデアを探してみました。

するとやがて納豆がなにやら抜け毛対策に効果があるようなお話しに辿り着き、以来毎日一バックの納豆を真面目に食べ続けています。

納豆効果かどうか証明しようが私にはありませんが、個人的に確実について抜け毛は減っている嬉しい実感があり、納豆習慣を当分止められそうにありません!

納豆は私の縮毛は変えてはくれなくても、フサフサにはしてくれるかなと淡い想いは抱いています。

髪のうねりはどうにかならないものか

私は昔からくせ毛で髪のうねりがひどいことが悩みでした。ヘアージュは販売店で市販されている?私の口コミと効果もこっそりレポート!

なので髪を短く切ることもできず毎日髪がうっとうしいと思っています、アイロンをしても私のやり方が下手なのかまっすぐになりませんし、毎日やっていたら髪が痛んできて毛先が茶色くなったり枝毛が増えたり。

縮毛矯正のほうがいいのかなとも思いましたが新しく生えてきた髪はうねるからおすすめしないと友人に言われ断念。昔はきれいで痛みのない髪だと褒められていたのですが今じゃ痛みだらけの髪になってしまいました。

シャンプーを変えても痛みは消えず歳を重ねるごとに髪がうっとうしくなるばかり。

数か月前に髪をバッサリ切ってしまったときは後悔しました。髪は外や内にはねまくり、直しても風に当たれば元通り。ストレスがたまり外に出たくなくなる毎日。最近やっと伸びてきてゴムで髪を結ぶようにしました。

最初からこうし解けばよかったと思いましたが私も女性。おしゃれはしたいと思います。子供のように髪をくくっておしゃれとなると子供っぽいし、最近はマスクをしているのでそこまで気にしないかもしれませんが丸顔が見えてしまう。マスクで顔が見えない分やはり髪をきれいにしたいと思うのですがなかなかうまくいかないこの現状、どうにかしたいものです。

薄毛の運命(さだめ)

髪について

ヘアージュの使い方
薄毛の運命

 自分が抱えている髪の悩み。それは、薄毛である。それは、20代の前半から始まっていた。それどころか10代半ばからその兆候は見えていた。それは何かというと、髪の毛が抜けやすい。面白い程抜けやすい。あんまり抜けすぎるので、中学時代にクラスのやつが面白がって毎日2〜3本髪の毛を抜いてた。そいつを今でも恨んでる。

 自分の薄毛の原因。それは一言で言えば”遺伝”である。本当にそれに尽きる。父方母方両方の祖父の影響である。とくに母方の祖父なんかは6〜70歳の頃にはすでに全滅していた。まさに自分は薄毛になるべく生まれてきたのだ。生まれた時から運命は決まっていたのだ。

 他にも困ったことといえば、髪の毛が柔らかく、寝癖になりやすい。寝癖にならない日などないくらい寝癖になる。ドライヤーで乾かせてもなる。そのくせ体毛は濃いし際限なく生えてくる。「生えてくるな」と念じてもしつこく生えてくる。なんなんだ。

 あるとき思い切って、AGAのクリニック行って薬を服用した。即効性はないが、1〜2ヶ月と使っていくと、少しずつ毛が生えてくる。ちょっと嬉しくなった。そういうところって効き目なかったりとかの話もあるから嘘じゃなかったことがわかって良かった。

 ただ値段がめちゃくちゃ高い。1ヶ月で2〜3万はかかると言われた。それくらいかかるのは説明で聞いていたがやっぱり地味にキツい。

 そして薬を貰うのをやめた。そしたらやっぱり薄毛が復活した。1ヶ月に2〜3万もの大金を払うのがバカらしくなった。ただそれだけ。2〜3万もあれば美味しいもの食べたり贅沢できる。ゲームだって漫画だって買えるのだ。日帰りの旅行もできるかもしれない。しかも全然そういった薬を必要としない人だっているのだ。それなのに、月にそんなぼちぼち痛い出費を重ねると虚しくなる。そこまで髪の毛を延命させるのに意味はあるのか?なんで苦労して得た金を薄毛に生まれただけで費やさねばならないのか?

 薄毛なんかよりもっと別のことに金を使いたい。いいじゃないか別に明日をもしれぬ身でもないし。(まぁ、もしそうだったら治療の為に金を使う)

 だから別にいいんだ。毛が薄くても。そうだ!人間の価値を薄毛だけで決められてたまるか!そんな気持ちで生きて行こう。