夢は、ベリーショートのおしゃれなグレイヘアマダム!

もともと若白髪のあるタイプだったのですが、20代後半から少しづつ白髪が気になり始めました。

ベルタシャンプー

短く切ったり金髪に染めたりしていたのですが、30代になって、いよいよ白い部分が増えてきました。

若い頃はほとんど、脱色したり茶髪か金髪に染めていたので、髪に負担をかけすぎてしまったのかなと少し後悔しています。

出産前後から、全体的に一気に白髪が増えました。

ワンオペ育児だったので、そのストレスもあったのかもしれません!

子どもが赤ちゃんの頃は、ママじゃないと大泣きをしてしまう子だったので、なかなか美容院にも行けず、

自宅でのカラーリングも急いで済ませ、目立つ表面だけを染めたりしていました。

子どもが幼稚園生になって、ようやくゆっくり美容院に行く時間が取れて、全体を染めてもらってホッとしたのを覚えています。

それでも、毎月美容院にゆっくり行くことはなかなか難しくて、

自宅でカラーリングをして、たまに行く美容院で染め残しを指摘され。の繰り返しでした。

どうしても伸びてくると目立つので、毎月染めなくてはならず大変です。

最近見かけるようになってきたグレイヘアが、すごく気になっています。

40代でグレイヘアにされたモデルさんなどを見ると、欧米の方のように凛として綺麗で、ため息が出ます。

毎月の白髪染めから解放されるなら。と、ついついグレイヘアの画像検索で時間を費やしてしまいます。

だけどグレイヘアでもカッコよく綺麗に見える方って、そもそもの生き方が素敵な方なんですよね。

私はごく普通の40代なので、髪型をどんなにおしゃれにしようとも、グレイヘアにした途端に老け込むんだろうなぁ

と、憧れては諦めるということを何度も繰り返しています。

40代、50代はなんとか白髪染めを頑張って、60代になったらいよいよグレイヘアも本気で検討してみようかと考えるようになりました。

もしもグレイヘアにするなら、ベリーショートでファッションも楽しむおしゃれなマダムに憧れます。

そもそも姿勢が良くないと似合わないだろうし、趣味を色々楽しんだり、生き生きとした毎日を送っていないときっと似合わないと思うので、

そこを目標に、今の暮らしも充実させていけるといいのかもしれないですね!

よーし、がんばろーっと!

ダイエットで大切なこと

「他人と比べないこと」http://sakura-kitchen.jp/

これに尽きると思います。あの人はなんて細いんだろうとか、スタイルがいい人だなと周りが気になることもあるかと思います。ダイエットに限らず、自分にはないものを持っている人を見ると自己嫌悪に陥ってしまうことは誰しも経験することではないでしょうかではどうするか。それは、

「過去の自分と比べること」

を意識することです。昨日はランニング30分で辞めちゃったけど、今日は35分続けられた。筋トレが前回より1回多くできた。本当に小さな一歩で構いません。むしろ、大きいと心が折れてしまうだけです。そういった一歩の積み重ねがいつの日か大きな成果となり、人としての成長も感じられることと思います。

やはり、ダイエットの最大の敵は自分です。人間は本来怠惰な生き物であるため、面倒なことをやりたくないと思うのは当然の感情です。しかし、あらゆる誘惑に打ち勝ち、自分を変えたいと思い行動に移したその一歩こそが成功への第一歩です。

また、ダイエットは単に痩せるだけでなくそれ以上のメリットがあると考えます。食生活や生活習慣の改善、そしてストイックに自分に向き合う姿勢は自分にとっての大きな財産になるはずです。

これからダイエットを始める人、ダイエットしているけど中だるみ中の人がこれを読んでモチベーションが上がることを願っています。

無理せずゆるっとヨガ

20代の頃はどれだけ食べても何時に食べても太らなかった私が、31才で二人目を出産してからあれよあれよという間に10キロ近く太ってしまい、1キロたりとも減りません。特に何か努力をしているわけではないので当たり前なんですが…その上「ぽっこりお腹」がひどく夫からもう一人お腹の中に居るみたいととっても失礼なことを言われて、ヨガでもやってみよう!という気持ちになりました。

【自宅で無料レッスン】ヨガ初心者におすすめのYouTube動画配信6シリーズ-59選

ヨガに関しては完全初心者、しかも体も硬い私がたった2つのヨガポーズをして少しでも体型を変えられたらと始めた事をご紹介します。

まず1つ目は「キャットアンドカウ」のポーズです。ヨガの基本中の基本で四つん這いになり腕を肩と一直線上になるようにおろします。息を吐きながら背中を丸くし、息を吸いながら背中を反る。たったこれだけです。体が固くても大丈夫!ちなみにこちらのポーズはマタニティヨガでも取り入れられている体に負担の少ないポーズですのでおすすめですよ。

次に2つ目は「三角ポーズ」です。その名の通り体が三角形に見えるような体制を取ります。足を広げて立ち、両手を真横に広げ片方を倒していきます。片方の指先が天に向かいもう片方が爪先につくイメージです。息を吐きながら行い、もう片方も同じように行います。実際体が硬いので指先が爪先につけるときに若干体が苦しいですが、痛気持ちいいところで止めています。無理すると続かないので…

テレビやYouTubeなどでダイエット企画やストレッチ、ヨガを見ると「私にも出来そう!やるぞ!」とやる気がどんどん沸いてくるのですが大抵(いやほぼ)続きません。下手したら1日で終了しています。なので私が出来そうなヨガはとにかく「無理しない」「痛くない」「頑張りすぎない」を目標に続けていこうと思っています。